ヒアルロン酸注入法

中年女性

特徴と治療の意義

若い頃には気にする必要のない部位のひとつに目があります。目は人に与える印象が非常に大きいため、お化粧にも力を部位です。しかしながら、年を重ねてくると、その目にも別の意味で注意を払う必要があります。それは何かというと、目の下のたるみです。加齢とともに目の周りの筋肉が衰えていきます。その筋肉の衰えによってまぶたの周りの脂肪が下垂してしまいます。これが目の下のたるみの正体です。目のたるみは実年齢よりも老けた印象を人に与えてしまいます。せっかくメイクをしっかりとしても、目の下のたるみができることで台無しになってしまうこともあります。そのため、治療を受けることで解決する必要があります。その治療のひとつに手術があります。

ヒアルロン酸注入法

目の下のたるみを解消するための手術として紹介したいものがあります。それはヒアルロン酸注入法と呼ばれる手術です。この手術は、目の下のたるみだけでなくクマの治療としても女性に高い人気を誇ります。どのような手術内容かというと、まぶたの周りにヒアルロン酸を注入することで、たるみになっている部分を盛り上げるのです。注入法なのでメスを使いません。そのため、肌へのダメージも少なく、時間も短時間なので、手軽に受けることができる手術です。身体に異物を入れるようなイメージを抱いてしまう人がいますが、決して異物ではありません。ヒアルロン酸はもともと人間の身体にある成分です。年を重ねていくと、このヒアルロン酸が減少してしまうので、その減少分を注入法で補うと考えてもらうと良いでしょう。